MENU
CART
商品のお申込み
サンプルのお申込み
PAGE TOP

ネイチャー生活倶楽部

MENU

TEL.0120-666-265

お申込み:午前9時~午後9時(年中無休)

活動へのご連絡:午前9時~午後5時半(日・祝除く)

肌の悩み

目の下のクマ

 近代、女性も少しずつ社会に進出するようになり、夫婦共働きの家庭が増えてきたりする中、目の下のクマは私たち女性たちにとっては新たな悩みの種になってきました。特にクマは顔の印象を決める目もとの部分だけに、私たちも色々やってみましたがなかなか落ち着きませんでした。朝起きて鏡を見、化粧でも隠せないクマを見てはため息をつくばかりでした。

目の下のクマができる仕組み

 そもそも「クマ」とはいったいどういう仕組みなのか・・・。クマそのものがなぜ起こるのかから調べてきました。クマというと目の下だけ・・・と考えていましたが、実は目の周り全体や、目の上下左右どこか1か所でも黒ずんでいる状態です。たいてい黒っぽい青紫色ですが、茶色や黒色のクマもあります。

 調べるうちに、知らなかった目の周りの皮膚についても分かってきました。目の下の皮膚(表皮・真皮を合わせたもの)はなんと0.6ミリ!卵の薄皮程度しかありません。そのため目の下は毛細血管の色が常に透けて見えている状態です。そして血液が血行不良で目の下に溜まってしまうと、クマが出来てしまいます。

 また、シミ・クスミの原因となる紫外線があたってしまったため、メラニン色素ができて肌自体がくすみ、目の下だとクマが出来てしまいます。目の下に湿疹が出来たり、目をよくこすってしまうのも、メラニン色素ができやすくなり、クマとなってしまうんです。クスミについてはさらに深く追究してまいりましたので、宜しければこちらもご覧ください。
→ クスミについてはこちら

 さらに、私たちも気をつけていてもたま~にありますが、メイクを落とさず寝たり、洗ったけどメイクがよく落ちてない時が長く続いて、色素沈着してしまうことです。

 私たちを悩ませてきたこの目の下のクマ・・・でも仕組みを知ることで、自分自身の血液が頑張っていること、でも手当てが足りてないからこそこうしてクマになってしまっていること、それに全部の肌の悩みの原因=紫外線がやっぱり関わっている、ということを知りもっともっと深く追究してきました。

目の下のクマの原因

血行不良によるもの

 血行が悪くなると、目の下の毛細血管を流れている血の流れが悪くなり、そこに血が溜まってしまいます。血液の中には体全体へ酸素を運んでくれている赤血球があります。その赤血球の中のほとんどが「ヘモグロビン」というタンパク質で、鮮やかな赤色をしています。血が赤いのはこのヘモグロビンのおかげなんです!そして酸素を必要な場所に届けた後のヘモグロビンは、黒っぽい赤色になってしまいます。黒っぽいヘモグロビンが増えて黒っぽくなった血が溜まって目の下のクマが出来てしまいます。

紫外線によるもの

 シミやクスミと同じように、クマも紫外線によってメラニン色素がつくられて茶色くなってしまっていることがあります。紫外線が肌に与える影響やシミができる仕組みなどは、より詳しくご報告しておりますので、宜しければご覧ください。
→ シミについてはこちら

摩擦や炎症の色素沈着によるもの

 目の周りに湿疹ができたり、目がかゆくてこすりすぎたりすると、紫外線があたった時と同様にメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素がつくられてクマになっていきます。

マスカラやアイメイクなど、メイクの落とし残しによるもの

 マスカラやアイメイクなど、メイクの落とし残しによるもの。

その他の原因

 寝不足・食生活・体調不良・ホルモンバランスによるもの。

目の下のクマを改善するためには

1. 血行を良くしましょう

 血行を良くするためには、やはり温めたりマッサージしたりと、肌の状態に応じた手当てが必要でした!洗顔後にホットタオルを顔にあてると、血行が良くなり肌もふっくりします。また、油分を少し多めに使って、滑らかに優しくマッサージをすることでも、血行が促進されていきます。
ただし、目の周りは薄い皮膚ばかりです。あまり強くマッサージし過ぎると、内出血したりアザになったりしますので、あくまでも力を加えず優しく優しくマッサージしてください!
→ 詳しいマッサージ方法

2. 洗浄・保湿・補油の基本をしっかり行い、ターンオーバーを正常にしましょう

 肌のお手入れ方法もご紹介していますので、どうぞご覧くださいませ!
→ 肌のお手入れ

3. 紫外線をしっかり防ぎましょう

 紫外線は「クマ」だけでなく、「シワ」や「クスミ」など肌のさまざまな悩みの原因になります。そこで「紫外線対策」そのものが必要だということが分かりました。また、紫外線にも季節や天候や時間によって、降り注いでくる量も全然違うということに気づきました。

 紫外線対策には、もちろん日焼け止めやUV下地や、ファンデーションが必要になってきます。しかし、それ以前に日傘や帽子などで肌に直接紫外線が当たらないようにすることも大切です。

4. その他にもこんな方法があります

 美容の専門分野では、眼の下のタルミによるクマは手術、色素沈着はレーザーなど、一番消すのが難しい血行不良や皮膚がうすいため下の血管の色が透けて見えるクマには脂肪注入などが行われているということも教えていただきました!

 私たちも調べていく中で、目の下のクマは色素沈着などはもちろんですが、自分自身の血が暗くなってしまってるんだ、そもそも自分の体から改善していかなければならないんだ~!と納得。そこで自分たちの生活から見直していく中で、本当に必要だと分かった『基礎化粧品』や『紫外線対策ケア商品』を創り上げてきました。少量ではございますが、試供品もご準備していますので、ご入り用の際にはいつでもお声かけくださいませ。