MENU
CART
商品のお申込み
サンプルのお申込み
PAGE TOP

ネイチャー生活倶楽部

MENU

TEL.0120-666-265

お申込み:午前9時~午後9時(年中無休)

活動へのご連絡:午前9時~午後5時半(日・祝除く)

肌の悩み

クスミ

 私たち自身朝起きて洗面台の前に立った時、くすんだ肌に思わずため息をついてしまったことが何度もあります。年を重ねるごとにくすむこの肌をどうにかしたい。メイクで隠すだけでなく、素肌でも透明感のある肌でいたい・・・と、自分たちの悩みと前向きに向き合ってきました。

クスミが起こる仕組み

 「クスミ」とは、新しい肌をつくり、古い皮膚を角質として排出する「ターンオーバー」が上手くいかず、古い角質が溜まって角層が厚くなり、透明感が無くなっている状態です。  人のターンオーバーは、平均して28日~56日周期で新しい肌が生まれ続けています。幼い頃や生まれたての赤ちゃんは28日と早い周期ですが、大人になり年を重ねていく毎に、30日~40日~・・・とどんどん伸びていきます。そうすると、本当はもう寿命ではがれ落ちるはずだった古い角質が少しずつ溜まっていって、気づいたらくすんでいる・・・というわけです!

 血行が悪くなって、肌表面の近くを流れる血液中の「ヘモグロビン」という赤色をした物質が減少したり、肌の下に溜まったりすることでも肌がくすんで見えてしまいます。特に目の下にこれが溜まった場合、「クマ」として出てきます。
※クマの仕組みについては、詳しくご紹介しておりますので、宜しければご覧ください!
→ 目の下のクマについてはこちら

 また、シミほどひどくなくても、メラニン色素がずっとつくられ続けたり、たまっている状態もくすんで見えます。メラニン=悩みの原因だ!と私たちも最初考えていました。でも、メラニンは紫外線から肌を守る大切な役割があると知ってビックリ!そして役目を終えたメラニンは古くなった肌と一緒に体の外へ垢として排出され、いつも新しい肌をつくり続けています。
 でも、このメラニンが上手く排出されず、部分的にメラニン色素が沈着したままになると、肌がくすんで見えます。そしてその部分のメラニンが溜まりに溜まってシミになるんです。

 今まで何も知らないで、肌がくすんで化粧ものらず、辛い思いをしなければならないんだろう・・・ずっとそう思っていました。でもこの仕組みを知り、少しずつ前向きに考えることができるようになりました。
 ではなぜ肌がくすむのか、その原因をご紹介します。

クスミの原因

ターンオーバーの乱れによるもの

 肌は表皮の基底層で一生つくり続けられています。基底層でつくられた肌は約28日間かけてゆっくりゆっくり外へと近づいていき、最後には角層~垢になって剥がれ落ちていきます。これが幼い子供のモチモチした肌だと28日に近く、早くて正常なサイクルです。でも、このターンオーバーが乱れると、角質と一緒に捨てるはずだったメラニンが排出しきれず、肌にどんどん溜まっていき、やがてシミになります。

血行不良によるもの

 血液の中には体全体へ酸素を運んでくれている赤血球があります。その赤血球の中のほとんどが「ヘモグロビン」というタンパク質で、鮮やかな赤色をしています。血が赤いのはこのヘモグロビンのおかげなんです!そして酸素を必要な場所に届けた後のヘモグロビンは、黒っぽい赤色になってしまいます。
 ここで血行が悪くなると、一か所に血が溜まってしまいます。肌は表皮・真皮・皮下組織を合わせても、2mm前後しかありませんので、この溜まった血液がぼんやりと透けて見えてしまいます。黒っぽいヘモグロビンが増えて黒っぽくなった血が溜まるので、肌がくすんで見えるのです。

紫外線によるもの

 クスミに限らず、全ての肌の悩みの原因は、ご存じのとおり、「紫外線」です。
 紫外線には3つの種類があり、UV-A・UV-B・UV-Cとありますが、この中で私たちの肌に届くのはUV-AとUV-Bです。UV-Aは波長が長く真皮層まで届きます。UV-Bは波長が短く直接届くのは表皮までです。でも肌に与える影響はUV-Bのほうが強く、日焼けを起こす力はなんとUV-Aの600~1000倍!さらにシミやクスミの原因となったりするだけでなく、真皮への影響も圧倒的にUV-Bの方が強いです。UV-Aは波長が長く、奥まで届くのでシワやタルミの主な原因ですが、UV-Bほどではないとはいえ、日焼けにも関係するので、シミやクスミの原因にもなります。

その他の原因によるもの

 寝不足や食生活、体調、ホルモンバランスの乱れや汚れの落とし残しでも肌はくすんでしまいます。

クスミを改善するためには

 クスミの原因も、他の肌の悩みとも通じています。くすんでしまった肌を少しでも何とかできないかと、色々な手当てを探し回りました。自分たちでも実際に実験したり、専門の先生にお伺いしてみました!

1. 洗浄・保湿・補油の基本をしっかり行い、ターンオーバーを正常に戻し、シミを排出しましょう

 肌のお手入れ方法もご紹介していますので、どうぞご覧くださいませ!
→ 肌のお手入れ

2. 血行を良くしましょう

 血行を良くするためには、やはり温めたりマッサージしたりと、肌の状態に応じた手当てが必要でした!洗顔後にホットタオルを顔にあてると、血行が良くなり肌もふっくりします。また、油分を少し多めに使って、滑らかに優しくマッサージをすることでも、血行が促進されていきます。
ただし、皮膚はとーっても薄いです。あまり強くマッサージし過ぎると、内出血したりアザになったりしますので、あくまでも力を加えず優しく優しくマッサージしてください!
→ 詳しいマッサージ方法

3. 紫外線をしっかり防ぎましょう

 紫外線は「クスミ」だけでなく、「シミ」や「シワ」など肌のさまざまな悩みの大きな原因になります。そこで「紫外線対策」そのものが必要だということが分かりました。また、紫外線にも季節や天候や時間によって、降り注いでくる量も全然違うということに気づきました。

 紫外線対策には、もちろん日焼け止めやUV下地や、ファンデーションが必要になってきます。しかし、それ以前に日傘や帽子などで肌に直接紫外線が当たらないようにすることも大切です。

 私たちも調べていく中で、クスミをつくりたくない、少しでも薄くしたいという一心で『基礎化粧品』や『紫外線対策ケア商品』に取り組んでまいりました。ご入り用の際には、サンプルや詳しい資料などもご準備しておりますので、いつでもお声かけください。