MENU
CART
商品のお申込み
サンプルのお申込み
PAGE TOP

ネイチャー生活倶楽部

MENU

TEL.0120-666-265

お申込み:午前9時~午後9時(年中無休)

活動へのご連絡:午前9時~午後5時半(日・祝除く)

髪の悩み

フケ

頭皮も肌です!乾燥肌が一番の肌の悩みとなった近代、フケにも悩まされてきました!

「フケ」の仕組み

 私たち自身、「フケ」にも長い間悩んできました。調べる中で、フケはターンオーバーによって角質(=もう核が無くなった細胞)が寿命を迎えて剥がれているもので、誰にだってあるものだということが分かりました。それを知って私たちもほっーとしました。
 でも同時に、やはり健康な状態で出るフケはもっと小さく薄いもので、あまり目に見える大きさではないことも知りました。ターンオーバーがスムーズにいかず、角質が大きな塊になると、目に見えてパラパラ落ちてきます。そこで私たちでもより深く追究してきました。

「フケ」の原因

 フケは誰にでも存在するものです。でもパラパラと落ちてくる目に見えるフケが長く続く時には、何らかの手当てが必要になることもあります。私たちで色々調べるうち、やはり「頭皮」そのものが大切!「頭皮」を元気にしなければ!と分かりました。
 これまで自分たちで調べてきた「フケ」の原因をいくつかご紹介します。

乾燥が一番の原因です!

 頭皮も肌と同様に、洗い過ぎや皮脂の分泌量の減少で乾燥します。水分や油分がなくカサカサになった頭皮は、顔が粉を吹いたり皮がむけるように、フケとなってはがれていってしまいます。

毛染め・パーマによる刺激。

 ヘアカラーやパーマ液に配合される原料には刺激の強いものもあり、キシミ・パサつきはもちろん、頭皮の炎症を引き起こしたりフケが出ることがあります。

刺激の強いシャンプーなどヘアケアによるものもあります。

 刺激の強い洗浄剤、シリコンなどのコーティング剤、添加物、スタイリング剤などは頭皮を少しずつ弱める原因にもなります。

地肌に汚れが残っていることもあります。

 シャンプーのすすぎが足りなかったり、洗い残しがあったりして、毛穴に皮脂や汚れがたまると細菌が繁殖して炎症が起き、フケやカユミの原因にもなります。頭皮は顔の中でも特に皮脂腺(=皮脂を出す部分)が多い額などのTゾーンの、およそ2倍もの皮脂腺があります!なので特に汚れやすく、十分に洗ってあげることも必要でした。

脂漏性湿疹によるものもあります。

 フケの中には普通の乾燥したパラパラのフケと違って、脂っぽく湿っているフケがあります。そのフケは「脂漏性湿疹」と呼ばれる症状の1つで、カユミや赤み、湿疹を伴って出てきます。脂漏性湿疹については詳しくご紹介しておりますので、宜しければご覧ください。
→ 脂漏性湿疹についてはこちら

その他の原因もあります。

ホルモンバランス・睡眠不足・食生活など。

「フケ」の手当て

フケそのものは自然と出るもの。でも、目に見えるフケはどうにかしたい!
専門の方にも教えていただき、自分たち自身でも色々手当てを続けてきました。おかげで私たちのフケも今では落ち着きました!

 私たち自身「一日も早くどうにかしたい」と専門の方に教えていただき、自分たち自身でも洗い方を変えてみたり、頭皮のマッサージを続けてきました。大切な「頭皮」をしっかり守るためにも手当ては必要でした!

1. 皮脂を取りすぎないシャンプーで頭皮をしっかり洗い、清潔に保つこと

 毎日きれいに洗っているつもりでも、人それぞれによって洗い癖もあり、汚れが頭皮に残ったままになっていることがあります。汚れが頭皮の毛穴に詰まっていると、それを元に雑菌が繁殖してフケの原因になるばかりか、髪の毛に栄養が行き渡らず、抜け毛や細毛の原因になることもあります。

2. 乾燥性のフケはしっかりと保湿すること

 乾燥してパラパラっとしたフケは、頭皮が乾燥していることが多いです。乾燥している時は顔と同じで頭にも保湿が大切です。水分や油分を補うことで頭皮の角層も整い、フケも落ち着いてきます。

3. 雑菌が繁殖しないように、洗髪後は頭皮や髪の根本からしっかり乾かすこと

 頭皮が濡れている状態だとムレてしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。そこで頭皮と髪をよく洗った後は、ドライヤーで頭皮や髪の根本からしっかり乾かすことが必要だと分かりました!

 おかげであれ程悩んだフケも、今では落ち着き、私たち倶楽部員も気持ちも前向きで明るく過ごすことができます!
 ご入用の方には、私ども自身が髪に悩み、髪と頭皮のことを一番に考えて創り上げた「頭髪シャンプー」や「頭皮養毛料」など、『頭髪ケア商品』のサンプルをご用意させていただいております。詳しい資料などもご準備しておりますので、いつでもお声かけください。